還暦祝い 父み

ビル

青春の跡を探して、還暦祝いは父の故郷へ行きましょう

故郷から遠く離れた都市に生活した父は、常にふるさとを懐かしがっています。
むかし共に過ごした仲間のこともいつも思っています。
還暦祝いの日、故郷へ行って、父の青春の跡を探しに行きましょう。
血縁は微妙なものです、むかし父が生活した町にいたら、どんな感じになりますか?いずれにせよ人は少しずつ大きくなって、そして少しずつ老けていきます。
懐かしいけど、過去は戻らないです。
戻らないこそ美しくて幸せな思い出に変わります。
過去になる以上、人は思い切り自分の感情を任せます。
今、故郷は父の記憶の中の故郷と同じですか?それとも、ひっくり返すような変化が起きましたか?還暦祝いのため、父と一緒に故郷へ旅をして、忘れられない思い出を作りましょう。